自由研究で牛乳パックは

手軽で使いやすいアイテムですね。

 

貯金箱を作ることは

小学生の低学年ではジョーシキ(笑)

みたいなのでペンギンという、

かわいいキャラクターを選んでみました。

 

自由研究で牛乳パックを使った

ペンギンの貯金箱を作ってみましょう。

このペンギンの貯金箱は動きますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

牛乳パックでペンギンの貯金箱を作ろう

 お金を入れると羽が動くよ。

ペンギン貯金箱の材料

    • 牛乳パック
    • ペットボトル
    • 色画用紙
    • ハサミ
    • のり
    • カッター
    • ペン
    • テープ
 

ペンギン貯金箱の作り方

①牛乳パックを画像のように切り、色画用紙を貼ります。

②500円玉が通る大きさの穴1つと、ペンギンの手を入れる穴(3.5×3mm)を2つ開けます。

③ペットボトルに幅3cmの紙を巻き、縁をペンでなぞります。もう1ヶ所繰り返します。

④ ③を切り出します。 

⑤ ④に色画用紙を貼ってから、牛乳パックに差し込めるように折り曲げます。

⑥手を穴に入れてテープで留めます。

⑦上の蓋を閉じてのり付けし、目や口を折り紙で作って貼り付けます。

⑧完成です。

では、羽が動くか
お金を入れて確かめてみよう。

引用:http://kids.nifty.com/kenkyu/onehour/bank/