夏休みの宿題で

自由研究がなかなか進まないという

お子さんも多いでしょう。

 

かといって、

小学生の3年生にもなると

簡単なテーマは選べませんね。

 

そこで小学3年生から始まった

理科をテーマにしてはどうでしょう。

 

氷を使った自由研究は

簡単なので人気があります。

 

・氷が溶けるのを調べる
・氷ができるのを調べる

と、大きく分けられ、

溶けるのを調べる方が

やりやすい実験だと思います。

 

小学3年生の自由研究テーマは

「氷の溶ける早さ」を調べましょう。

 
 
スポンサードリンク

自由研究 小学生ver.3年生氷の溶ける早さを調べる

すべて製氷皿の氷で実験できます。


いろいろな器に置く場合

氷を素材の異なるいろいろな器に

置いてみましょう。


用意するもの

・氷
・陶器の皿、発泡スチロールの皿、プラスチックの皿、ガラスの皿、木の器など
・タイマー

実験方法

①氷をそれぞれの器に置き、タイマーをセットする。
②時間毎に氷の溶け具合を観察、記録する。

 

いろいろな物に置く場合

身の回りの物に置いてみる。


用意するもの

・氷
・プラスチックの皿、新聞紙、アルミホイル、タオル、エアキャップなど
・タイマー

実験方法

①氷をそれぞれの器に置き、タイマーをセットする。
②時間毎に氷の溶け具合を観察、記録する。

 

いろいろなものをかける場合


用意するもの

・氷
・砂糖、塩、片栗粉、小麦粉、パン粉など
・計量スプーン
・タイマー

実験方法

・氷にかけるものは同じ量を用意する。
・氷にそれぞれを振りかける。
・時間毎に氷の溶け具合を観察、記録する。

 

じっくりと観察して

気付いたことを記録しましょう。

 
スポンサードリンク

自由研究 小学生ver.3年生「氷の溶ける早さを調べる」のまとめ

製氷皿の氷は

比較的に大きさが揃っているので、

こういった比較実験に向いています。

 

他にもいろいろな素材を使ってみるのも

いいのではないでしょうか。