自由研究で

実験をするのもいいですね。

 

簡単にできる

「雲を作る実験」

はどうでしょう。

 

おうちにあるもので

できるのも利点です。

 

実験で雲が作れたら

「どうして?」

「なぜ?」

がいっぱいになります。

そこも考えていきましょう。

 
 
スポンサードリンク

自由研究小学生ver.3年生雲を作る実験

空にうかぶ雲を

ペットボトルの中に

作ることができるよ。

用意する物

  • 1.5リットルの炭酸用ペットボトル…1個
  • 計量カップ(200ミリリットル以上)…1個
  • 線香…1本
  • ライター…1個
  • 灰皿…1個
  • 50~60℃のお湯

※火を使うから、おとなのひとと一緒に実験してくださいね。

 

実験

①50~60℃のお湯100ミリリットルを計量カップではかり、ペットボトルの中に入れる。


 

②線香にライターで火をつけ、ペットボトルの中にけむりを入れる。


入れたらペットボトルのふたをしめて、数回ふる。  

 

ポイント 線香のけむりは10秒くらいいれる。

 

③両手でペットボトルをぎゅっとおしてへこませる。


 

④ペットボトルをおした手を、ぱっとゆるめる。

 

おしたりゆるめたりを

なんどかくりかえしていると、

手をゆるめたときに

ペットボトルの中に白い雲ができる!


 

実験がうまくいかないとき

  • 炭酸用のボトルかな?表面がデコボコしているとだめだよ。
  • ペットボトルのふたはしっかりとしめてあるかな?
  • ペットボトルのつぶしかたがたらないのかも。             

 

なぜペットボトルで雲ができたの?

 

なぜペットボトルで雲ができたのか。

そもそも雲ってなに?

 

雲は空気中の水蒸気とちりの集まりです。

 

高い空は気圧が低いために

温度も下がります。

 

すると空気中の水蒸気が冷やされ、

ちりに触れることで水や氷の粒になる。

これが雲なんです。

 

実験のペットボトルの中で

同じことが起こりました。

 


お湯を入れることで

水蒸気が発生し、

線香のけむりは

ちりの代わりになりました。

 

ペットボトルを押すと

中は圧が高くなり、

緩めると圧が下がり

温度も下がって雲ができた、

ということです。

 
スポンサードリンク

自由研究小学生ver.3年生「雲を作る実験」のまとめ

 

雲は空気中の

「水蒸気」

「ちり」

「温度が下がる」

という条件で

できることがわかりましたね。

 

実験のようすを

画像で撮っておくと、

あとでまとめやすいです。

 

ほかにもいろんな実験をやってみよう。

いろんなことがわかるよ。

 
引用:
https://www.honda.co.jp/kids/jiyuu-kenkyu/hakken-kenkyu/hk-3/