夏休みの自由研究は

小学生の1年生にすれば初めてのこと。

 

まとめ方もどうすればいいのか

迷うことばかりです。

 

まとめは

がんばってやった自由研究を

総括する要です。

 

まだ小学1年生では

ハードルが高いため

親御さんの手助けがいります。

 

そこで小学1年生でもできる

自由研究のまとめ方を紹介しましょう。

 
 
スポンサードリンク

自由研究小学生ver. 1年生ができるまとめ方


まとめ方の基本

 

まずは自由研究のまとめ方の基本です。

自由研究のまとめ方

「テーマ」

(1)目的・調べようと思った動機
(2)調べかた:どこで調べたかなど
(3)結果:絵、写真、調べたこと
(4)感想:本人の素朴な感想

と、なりますが

1年生にはここまでは

求められません。

 

それはひとに説明する力が

不足しているためです。

 

本人が興味をもったものについて

調べ、絵などにするのが

いいでしょう。

 

どんなものに書く


模造紙

 

大き目の紙を使い、

自由研究を1枚の紙に

まとめることができます。

 

全体を見渡せることができ、

発表会などに便利です。

 

ノート

 

絵日記や観察記録など

時系列を追うことができます。

 

低学年には書きやすいです。

 

スケッチブック

 

文字より絵や図などに

力をいれたい場合に向いています。

 

アルバム

 

写真など貼りなおしが簡単です。

 

粘着性のアルバムなら、

のりやテープを使わないため

作業時に汚れません。

 

1年生に模造紙はムリ?

 

自由研究のまとめというと

「模造紙」が鉄板ですが、

1年生には難しいです。

 

まだ文字を書くのもやっとの1年生が、

大きな模造紙の

レイアウトを考えながら

書くというのは至難の業です。

 

どのくらいの大きさの文字なら

ちょうどいいのかなどの

計算がまだできません。

間違えることも多いでしょう。

 

修正箇所が増えると

見た目もよくありませんから、

模造紙ごと新しいのに交換していると

本人へのプレッシャーにも

なりかねません。

 

自由研究小学生ver. 1年生におすすめのまとめ方

 

お子さんがなんども

間違えたりしたときに、

後から修正しやすいものに

するのがいいでしょう。

 

ノートは綴ってあるため

間違えたページを

抜くことができません。

 

レポート用紙やルーズリーフみたいに

バラになるものが

修正が簡単になります。

 

できたらまとめて

リングファイルなどにしまい、

表紙を飾りつけるのもありです。

 

1年生は実物、写真、絵などを書いて、

それの名前を書きます。

一言感想を添えるだけでいいです。

絵も何とか形になっていたらOK!

 
スポンサードリンク

自由研究小学生ver. 模造紙を使った1年生のまとめ方

 

学校からの決まりで、

どうしても模造紙を使わないと

いけないときがありますよね。

 

そんなときは

模造紙より小さい紙に書いたものを、

模造紙に貼り合せていく

方法があります。

 

タイトルや感想など

パーツ毎に分けた紙を

模造紙の上にバランスよく

配置し貼っていきます。

 

これなら失敗はありません。

 

紙も色画用紙などを使ったり、

全体にデコレーションを施し

個性をだしてもいいでしょう。