夏休みの自由研究、

小学生の2年生になると

「去年の自由研究、見てもらえなかった」

と、よく思っていない

お子さんがいらっしゃいます。

 

自由研究の内容はよかったのに、

書き方がいまいちで

見栄えが悪かったのかもしれません。

 

がんばった自由研究です、

みんなから評価されたいですよね。

 

研究結果を見てもらうには

ある程度体裁を整える必要があります。

 

小学2年生でも

「オッ!」と言わせる

書き方とはどんなものなのか。

 

2年生の自由研究の書き方を

みていきましょう。

 
 
スポンサードリンク

自由研究小学生ver.2年生ができる書き方

 


 

自由研究の基本構成

自由研究のテーマ(題名)

読みたくなるようなタイトル。

見やすく、大きな文字で書く。

 

研究の動機

なぜこの研究をしようと

思ったのかを書く。

 

研究の方法

どのような方法で

研究を進めたかを具体的に書く。

 

研究結果の予想

自分が考えた予想を書く。

 

実験・調査・観察の結果

絵や写真などを使うと

わかりやすくなります。

 

グラフを算数で習っていたら、

グラフも使いましょう。

 

まとめ・感想

研究結果からわかったことを書く。

初めに予想した結果と違った理由を書く。

 

疑問に思ったり、

苦労したこと、

楽しかったことを書く。

 

参考資料

参考にした本や取材したひと。

 

などを書きましょう。

 

自由研究小学生ver.2年生の書くもの


画用紙

鉛筆で罫線を書きます。

バラの画用紙は穴をあけて

綴じておきましょう。

 

方眼紙

方眼紙にはマス目があるので

2年生には書きやすいでしょう。

 

スケッチブック

色付きがいいので

図や絵などを多く書くなら

スケッチブックの方がいいでしょう。

 

模造紙

読んでもらう順番や

目立たせたい所を

見やすくする工夫が必要です。

 


 

いきなり書いてはダメ!

鉛筆で下書きをします。

 

フェルトペンなどで書いたら

下書きを消しておきましょう。

 

タイトルの文字は大きく

タイトル文字の周りを

カラフルな色で囲むと目立ちます。

 

見出しをつける

何が書いてあるのか

ひとことでわかるような

見出しをつけます。

 

図やグラフはカラフルに

図やグラフは

色フェルトペンや色鉛筆を使って

目立たせたい部分を強調します。

 

写真は貼り方を工夫する

写真を貼るときそのままより、

端を切ってみたり、

ハサミで形を変えても

きれいになります。

 

見た目が単調にならないように

文字の大きさ、色が同じだと

強調したい部分がわかりにくいです。

 

文字に装飾をしたり、

マークを付けたり工夫しましょう。

 

レイアウトを見直すのも大事です。

 
スポンサードリンク

まとめ

1年生に比べ

2年生はもっといろいろ

書けるようになりましたが、

 

低学年の間は無理しないで、

模造紙1枚か画用紙3枚以上をめどに

短期間に仕上げてしまいましょう。